オステオパシーについて

ここでは日本ではまだあまり知られていないオステオパシーについてお話させていただきます。

オステオパシー (Osteopathy)は1874年にアメリカ人医師アンドリュー・テイラー・スティル (Andrew Taylor Still)によって作られました。

オステオパシーはギリシア語で「骨」を意味するOsteonと「病気、治療」を意味するPathosの2つを合わせた言葉で、オステオパシー自体が医学哲学となっています。

スティル氏は自らの子供たちを髄膜炎で亡くしており、自身の無力さから研究を重ね、オステオパシーという考え方を生み出しました。


オステオパシーには基本理念があり

身体はひとつのユニットであり、身体の諸器官や組織は互いに関連して機能している。

身体の機能と構造は相互に関係する。

身体は自己治癒力を備えている。

自己治癒力を上回る何らかの外力または内的変化が生じた時に病気が発生する。

という考え方を持っています。

オステオパシーでは体性機能障害(Somatic dysfunction)を、筋肉、関節、神経、血液循環、リンパ、脳脊髄液、内臓系などを統合的に観察したうえで、制限を見つけ、治療し、健康に導いていきます。


痛い=病気ではない

ヒトは痛みの有無で身体の状態を判断しがちですが、痛みは一つのサインでしかありません。

オステオパシーでは、痛みや症状を追うことはありません。


ヒトの身体は胎児としてお母さんのおなかの中にいるときから様々な刺激を受けてきます。

・出生時に骨盤腔内を通るときにどちらを向いていたか。

・子供のころにしりもちをついていた。

・スポーツしているときに足首を捻挫した。


上記のようなほんの些細な出来事がじわじわと体をむしばんでいきます。

これらで生じたヒズミが限界を迎えた時に、身体は「痛み」「不調」として表面に出てきます。

あなたはこの痛みをどうしますか?

痛み止めの薬を飲みますか?


薬を飲むと一時的には楽になるかもしれませんね。

ただ、痛みは結果でしかありません。

原因はどこにあるのでしょうか?


その原因を探るためにオステオパシーを利用するという選択肢を持っていただくことは非常に有効ではないかと考えています。

ヒトの身体は受精卵の時からずっと一つのユニットです。

頭から足の指先まですべてつながっています。

腰痛が足の骨の動きのズレにあった。

お腹の硬さの影響で肩の上がりにくさが出ていた。

そんなことがあっても、オステオパシーの考え方では不思議なことは何もありません。

動きの制限が解放されれば、ヒトが本来持つ自然治癒力が症状を改善していくと思っていただければと思います。



制限を見つけ、そこを開放し、あとは放っておく



腰の筋肉が張っているから揉む。肩が凝っているから肩を揉む。

このような施術をご希望ならば、当院はあなたのご希望に沿うことが出来ませんので、あらかじめご了承ください。